品質・保証


費用を抑えることはできても、品質面に問題があればあとで不具合があって修理が必要になり、余計な出費を招いてしまうことにもなりかねません。錆びに強い仕様の機器、長年にわたって倒れない取り付け工事という具合に、長くメンテナンスをしなくていい品質のアンテナ工事を行なってくれるところにお願いしましょう。また、良質な製品の設置は重要ですが、かといって無駄な出費は避けたいと思う人もいるでしょう。その場合には、ある程度の品質を確保しつつ、無駄なコストをかけない工事方法を提案してくれるところが理想的です。

このほか、保証の有無にも注目したいところです。先述したように、アンテナは取り付け後に不具合が起こることがあります。倒れたり、テレビが急に映らなくなったりする問題が起こり得ます。そのような場合に、無保証のところだと新たにお金をかけて修理などを行なわなければいけません。保証があるところの場合、取り付け後のトラブルをお金をかけることなく解決することが可能です。ただ、単に保証が付いていればいいというものではありません。何年の保証なのか、何が保証されるのかまでをしっかりとチェックし、費用や品質面も含めて納得のいくものかどうか検討することが失敗しないためには大切です。

関連リンク(テレビアンテナ工事、地デジ・BSアンテナ設置は棟梁ドットコム)
テレビアンテナ工事の長期5年保証がある棟梁ドットコムです。

工事費用


アンテナ工事業者を比較するにあたり、重要なのが工事費用です。大差はないと思っている人もいるでしょうが、相場は50,000~100,000円であり、万単位の差が付くことになります。実際にかかる金額を知りたい場合には、業者に対して見積りの請求を行ないましょう。また、見積りを請求した業者が安いのか高いのかを把握するためには、一社の見積りだけではわかりません。複数の業者に見積りを請求し、提示された内容を比較しましょう。

見積り内容には何に対していくらかかるのか、詳細が記されていますが、作業内容に関しては素人ではよくわからない項目もあるでしょう。提示された金額を見て、不明な項目に関してわかりやすく説明しているところのほうが良いですし、ほかに業者にしっかりと確認したいのは、内容に過不足がないかということです。必要な機器や作業がすべて含まれていて提示されている金額なのかが不明だと、あとで追加工事が必要になったなどといわれて、別途費用を請求されることにもなりかねません。広告では10,000円未満の激安料金を謳っていても、実際にはアンテナの取り付けにかかる費用のことで、ほかに必要な機器や作業まで含めると、結局相場と大差ない金額もかかることもあるため注意が必要です。

アンテナ工事のトラブル


アンテナの取り付けを自力で行なうのではなく、業者にお願いするにあたり、注意しなければいけないのは業者とのトラブルです。アンテナ工事はめったに頼むようなことではないため、あまり気にしていない人もいますが、意外とトラブルは少なくありません。たとえばアンテナの取り付けが甘くすぐに倒れてしまった、防水の処理は配線の整理が行なわれていなかった、建物に傷を付けられてしまった、はじめに提示されていた金額より高額な工事費用を請求されたなど、欠陥工事によるトラブルの問い合わせをしようとしても連絡がまったく取れなくなってしまったさまざまなケースがあります。また、あとになってより好条件の業者があることを知ったというのも、トラブルとはいえないものの、よくある失敗例のひとつといえるでしょう。

アンテナ自体に屋内用や屋外用、屋内外兼用とさまざまなタイプがあり、価格や機能性、デザインなどに違いがあるように、アンテナの取り付けを行なう工事はどこに依頼しても同じというわけではありません。費用、品質、保証はとくに、業者によって大きな違いが出やすい要素です。先述したようなトラブルを回避し、満足のいく形でサービスを受けるためには、業者選びはある程度は慎重に行なう必要があります。

当サイトでは、アンテナ工事の業者選びで失敗しないための要点をまとめています。アンテナ工事を業者にお願いする前に読んでおくことにより、悪徳業者を避け、優良な業者を見つけましょう。